• 麺屋がつくる

    おいしい麺菓子

    『麺ざくざく』

    細麵ざくざく

    牛タン塩味

    太麵ざくざく

    仙台味噌味

    太麵ざくざく

    藻塩ずんだ味

    平麵ざくざく

    かき醤油味

    仙台牛タン焼きの誕生の背景には戦後の復興を支えた歴史的なドラマがあります。戦後の食糧難の中、「誰にも真似のできない自分だけの料理を造りたい!」という、一人の和食料理人の情熱が生んだ名物です。現在では仙台を代表する味の一つとなりました。

    仙台味噌は、仙台藩の味噌御用を勤めていた味噌職人が寛永3年(1626年)に「仙台味噌」の看板を上げたのが始まりと言われています。御塩噌蔵(おえんそぐら)と呼ばれる味噌醸造所が政宗公の指示により建てられ、今も尚、 受け継がれています。名将が愛した仙台味噌で奥深い味わいに仕上げました。

    宮城の郷土料理「ずんだ」には「伊達政宗公が出陣の際に“陣太刀”で枝豆を砕いて食べていた」という説や「甚太というお百姓さんが伊達政宗公に献上するために作った」という説があります。政宗公と縁の深い「ずんだ」に、室町時代からの製法を続ける塩釡の藻塩を加えました。

    かき醤油は「かき」の旨味成分のエキスと醤油とあわせたダシ醤油のことです。栄養価が高く磯の香りと旨みを蓄えた「海のミルク“かき”」と、宮城の醸造元が丹精こめて作った香り豊な醤油を絶妙に合わせ、「かき」の旨さと醤油の香り深さをお楽しみいただける味に仕上げました。

  • 国産小麦「あおばの恋」使用

    宮城のうまいもの代表がギュッとつまった麺菓子『麵ざくざく』「二階堂製麺所」とはこれからの食文化を研究する「みんなが大好きな麺をお菓子に」その思いから『麺』でお菓子を作りました。
    さくさくの食感に宮城を代表する人気の味を加えました。お楽しみがざっくざくに入った麺菓子です。
    ※パッケージ写真はイメージです。実際の商品と異なる場合がございます。麵ざくざくは、宮城県産小麦「あおばの恋」を使用しています。硬質ながら、仕上がりにしなやかさを持ち、菓子に仕立てれば、さくさくの食感を生み出す面白い可能性を持った小麦です。その「あおばの恋」の特性を最大に引き出し、麵ざくざくは完成しました。

    宮城を代表する味の共演

    宮城を代表する食材、人気の味をフレーバーとして集めました。

     

    牛タン塩
    仙台でおなじみの牛タン塩味をカリッとした食感でお楽しみいただけます。

     

    仙台味噌

    伊達政宗公縁の香り高い伝統の赤味噌です。
    仙台味噌の濃厚で奥深い味わいが広がります。

     

    藻塩ずんだ
    伊達政宗公も食していた「ずんだ」は、枝豆をすりつぶした宮城伝統の味。
    室町時代からの製法を続ける塩釡の藻塩をあわせ、軽い塩味に仕上げました。

     

    かき醤油
    海のミルクと呼ばれる牡蠣は宮城沿岸地域の名産として知られています。
    宮城の醸造元が丹精こめて作った醤油を絶妙に合わせました。

    麺屋だからこそ…

    麺づくりの技術をそのまま菓子づくりに活かしました。
    また食感にこだわり、小麦の旨みを新しい感覚で
    お楽しみいただけます。
    細麺、太麺、平麺、それぞれの違いを比べてください。

     

    細麺……軽い仕上げ+固めのパリぽり感
    太麺……ざっくりした食べ応え+小麦の旨みと醍醐味
    平麺……サクサクした軽快さ+薄さの食感

  • 「二階堂製麺所」とは

    創業明治十八年。おいしい麺づくりに魂と信念を注ぎ込んだ初代二階堂文左
    衛門。それから百三十余年、文左衛門の志を受け継ぎ、更なる高みを目指し
    『二階堂製麺所』は誕生しました。

    これからの食文化を研究する

     

    ●ものづくり

    麺づくりの技術を深耕し、素材と語り合いながら様々な可能性を引き出す。私たちの仕事は良いものを取り入れて新しい価値を生み出すことです。また目的や顧客別の開発体制で、臨機応変に対応していきます。


    ●新しい共創

    地域の良い素材、そして新しい技術を取り入れることにより、創造性豊かな事業を目指しています。また異分野の企業や個人との共同制作、協業により、パートナーと共に楽しく、時に革新的な仕事を進めていきたいと考えています。

     


    ● 品質管理
    HACCPによる管理で、安全な食品の提供を徹底しています。工場点検、工程調査では、製造工程表や製造記録などの書類に基づき、厳しいチェックが行われます。原材料の安全確認、入荷から加工、充填、包装、出荷までの全てを評価項目に基づいて管理しています。

  • オリジナル麺菓子を

    作りませんか?

    マルニ食品のOEM


    技術を活かし、OEM・オリジナル商品などお客様の様々なご要望に沿った企画、開発をし、ご満足いただける商品づくりを目指しています。こだわりの業務用麺、ノベルティ商品、ご当地を代表する素材を使った麺菓子など、少量から承ります。お気軽にご相談ください。

  • 創業明治十八年、麺茶屋が私たちの原点

    明治十八年、初代二階堂文左衛門は自然に囲まれた宮城県登米地方の川沿いで麺茶屋を創業しました。

    村と村を行き交う人々の休み処で、うどんや蕎麦をふるまう。

    手間ひまかけて丹念に作られた手打ち麺は次第に人々の間で評判になりました。

    それから百三十余年、私たちはその原点にかえり新しい美味しさを追求します。

  • お問い合せ

    ご相談・お見積はこちらまで

    マルニ食品株式会社
    〒987-0403
    宮城県登米市南方町鴻ノ木123番地1
    受付時間8:00~17:00
    0220-58-5502
  • 宮城県の北部に位置する登米地方は雄大な北上川を有し、栗駒山から吹き降ろす風の恵みを受ける自然豊かな土地です。肥沃な土地で作られる米をはじめ農産物はとても美味しく、江戸時代には伊達藩の献上米の産地としても知られていました。古くから麦も栽培されており、豊かな地域の資源を活かした郷土料理は今でも親しまれています。私たちは食文化の伝承と、その進化を使命としています。

     

    業 種

    生麺、調理麺、手延べ麺、乾麺の製造、惣菜の製造、菓子の製造、その他食品の販売

     

    事業内容

    「企画・開発・製造」「地域資源活用」「直営店運営」

     

    マルニ食品では原材料を吟味し、手間と時間を惜しまず美味しさを追求した食品を開発しています。企画から開発、製造、販売まではもちろん、地域資源活用への取組み、自社製品や郷土料理を提供する飲食店の運営も行っています。